Crazy for BAYSTARS

横浜DeNA BAYSTARSを愛しています。いつの日か98年の再来を夢見て。

左腕王国の一角へ…清宮を5連続三振に抑えた男・櫻井周斗

2017年10月26日、プロ野球ドラフト会議が行われ、横浜DeNAベイスターズはドラフト5位で東京の日本大学第三高校のエース・櫻井周斗(さくらいしゅうと)投手を指名しました。
 
日大三高時代は投打の二刀流で活躍した櫻井。打っては高校通算30発を越えるスラッガーでありながら、投げても最速149キロの速球と、切れ味鋭いスライダーを武器に、名門を引っ張ってきた選手です。
 
プロでは投手一本で勝負するようですが、本格的に投手に専念した櫻井がいったいどこまで伸びて行くのか、その潜在能力は無限大です。

大和獲得の人的補償は尾仲祐哉。大和は優勝のピースになれるのか

今オフ、横浜DeNAベイスターズは来季の優勝に向けて、阪神タイガースからFA権の行使を宣言していた大和(前田大和)選手の獲得に成功していました。そして今日12月10日、阪神サイドから人的補償で尾仲祐哉投手を獲得すると発表がありました。

 

ファンとしては胸が痛みますが、近年の人的補償は「望まれていく」という意味合いが強く、来季以降も新天地で頑張って欲しいですね。今日は移籍劇について考察してみたいと思います。

続きを読む

セ界屈指の左腕カルテット形成へ!世代No.1左腕・東克樹!

2017年10月26日、プロ野球の新人選手選択会議、通称ドラフト会議が行われ、横浜DeNAベイスターズは立命館大学のエース・東克樹投手をドラフト1位で獲得しました。
 
172㎝と投手としては小柄ながら最速152キロの速球と抜群の制球力を武器に、リーグ戦で2度のノーヒットノーラン、侍ジャパン大学日本代表にも選出されるなど、世代No.1左腕の呼び声が高い選手です。
 
DeNAは2014年のドラフトから4年連続で大学No.1左腕を指名しており、今や先発左腕はプロ野球界でも屈指の顔ぶれとなっています。その投手陣に割って入ることが期待される東のプロ入りまでを振り返ってみます。
 

ベイスターズ史上初の大卒新人左腕二桁勝利!ハマのハマちゃん・濵口遥大

今季、セ・リーグ3位からクライマックスシリーズを勝ち抜き日本シリーズ進出を果たした横浜DeNAベイスターズ。「下克上」とも言われたその躍進は、この男抜きには語れないでしょう。
 
2016年のドラフト会議で神奈川大学からドラフト1位で入団したルーキー・濵口遥大。シーズン開始前にここまでの活躍を見せると予想できた方は少ないのではないでしょうか。
 
「好調時は田中正義(創価大から5球団競合の末ソフトバンク入団)並の投球を見せるが、好不調の波が激しく、悪い時はストライクも入らない」というのが入団当初の濱口の評価でした。そこからいったいどうやってここまでの活躍を見せるまでになったのか、濱口のこれまでを振り返ってみます。
 

ベイスターズの次世代大砲候補「茨城の中田翔」細川成也!

2017年10月3日、一人の大砲候補がド派手なデビューを飾った。その名は細川成也(ほそかわせいや)。2016年ドラフト5位で明秀学園日立高校から入団した高卒ルーキーだ。
 
  • 中学時代には槍投げで全国2位の身体能力
  • 明秀学園日立では通算63発&146キロ!
  • 春季キャンプでアピール、オープン戦初打席で本塁打
  • 一軍初打席本塁打、2試合連続弾
  • 将来は球界を代表する右の大砲に

 

続きを読む

飯塚7回無失点!宮崎今季2本目のサヨナラ弾!!【9月6日の試合結果】

9月6日、横浜DeNAベイスターズは対東京ヤクルトスワローズ23回戦@横浜スタジアムを行い、1-0で勝利しました。先発の飯塚悟史が7回無失点の好投を見せ、最後は宮﨑敏郎がサヨナラ本塁打を放ち、劇的勝利を収め3連勝を決めました。
 
 

5投手による完封リレーで3試合連続の完封勝利!

 
 
ここ2試合続けて投手陣が踏ん張り、2試合連続完封勝利中のDeNAは3年目右腕・飯塚悟史が先発。前回登板では6回途中1失点でプロ入り初勝利を挙げた飯塚が、チームの3連勝と自身の2連勝を目指して7試合目のマウンドに上がりました。

ウィーランドが投打に活躍で7勝目!筒香嘉智23号場外弾!【9月5日の試合結果】

9月5日、横浜DeNAベイスターズは対東京ヤクルトスワローズ22回戦を行い、4-0で勝利しました。先発のウィーランドが投打に活躍、終盤には筒香嘉智が23号場外弾で突き放し、連勝を決めました。
 
 

ウィーランドが6回無失点&決勝打!筒香嘉智が23号場外弾!!

 
 
DeNAの先発は今季チームの投手陣を支える活躍を見せてきたウィーランド。ここ2試合は5回6失点、5回5失点と打ち込まれる試合が続きましたが、それでも高いQS(クオリティスタート:6回自責点3位内)率を誇っています。