Crazy for BAYSTARS

横浜DeNA BAYSTARSを愛しています。いつの日か98年の再来を夢見て。

ベイスターズの次世代大砲候補「茨城の中田翔」細川成也!

2017年10月3日、一人の大砲候補がド派手なデビューを飾った。その名は細川成也(ほそかわせいや)。2016年ドラフト5位で明秀学園日立高校から入団した高卒ルーキーだ。
 
  • 中学時代には槍投げで全国2位の身体能力
  • 明秀学園日立では通算63発&146キロ!
  • 春季キャンプでアピール、オープン戦初打席で本塁打
  • 一軍初打席本塁打、2試合連続弾
  • 将来は球界を代表する右の大砲に

 

続きを読む

飯塚7回無失点!宮崎今季2本目のサヨナラ弾!!【9月6日の試合結果】

9月6日、横浜DeNAベイスターズは対東京ヤクルトスワローズ23回戦@横浜スタジアムを行い、1-0で勝利しました。先発の飯塚悟史が7回無失点の好投を見せ、最後は宮﨑敏郎がサヨナラ本塁打を放ち、劇的勝利を収め3連勝を決めました。
 
 

5投手による完封リレーで3試合連続の完封勝利!

 
 
ここ2試合続けて投手陣が踏ん張り、2試合連続完封勝利中のDeNAは3年目右腕・飯塚悟史が先発。前回登板では6回途中1失点でプロ入り初勝利を挙げた飯塚が、チームの3連勝と自身の2連勝を目指して7試合目のマウンドに上がりました。

ウィーランドが投打に活躍で7勝目!筒香嘉智23号場外弾!【9月5日の試合結果】

9月5日、横浜DeNAベイスターズは対東京ヤクルトスワローズ22回戦を行い、4-0で勝利しました。先発のウィーランドが投打に活躍、終盤には筒香嘉智が23号場外弾で突き放し、連勝を決めました。
 
 

ウィーランドが6回無失点&決勝打!筒香嘉智が23号場外弾!!

 
 
DeNAの先発は今季チームの投手陣を支える活躍を見せてきたウィーランド。ここ2試合は5回6失点、5回5失点と打ち込まれる試合が続きましたが、それでも高いQS(クオリティスタート:6回自責点3位内)率を誇っています。

濵口遥大が8回無失点で9勝目!柴田竜拓好守&決勝打!【9月3日の試合結果】

9月3日、横浜DeNAベイスターズは対読売ジャイアンツ23回戦@横浜スタジアムを戦い、1‐0で勝利しました。DeNAの先発・濵口遥大は8回無失点の好投で9勝目、柴田竜拓が好守に決勝犠飛を挙げるなど若手2人の活躍で3位を死守しました。
 
 

ドラ1新人・濵口遥大が球団の大卒左腕史上最多・9勝目!2年目柴田竜拓が攻守に活躍!

 
 
DeNAの先発は神奈川大学からドラフト1位で入団した新人・濵口遥大です。濵口は初回、四球で走者を出したものの、後続を打ち取り無失点。2回も三者凡退に抑えるなど、最高の立ち上がりを見せます。

井納が6.2回2失点で試合作るも…降雨コールドで痛い連敗【9月1日の試合結果】

9月1日、横浜DeNAベイスターズは対読売ジャイアンツ21回戦@横浜スタジアムを戦い、0‐3で敗れました。DeNAの先発・井納翔一は7回途中まで2失点と試合を作りましたが、打線が巨人の先発・菅野智之に封じ込められ、連敗を喫しました。
 
 

打線は8安打も無得点…チャンスであと1本が出ずにカード初戦落とす

 
 
DeNAの先発は2014年に二桁勝利を挙げた実績のある井納翔一です。井納は初回を三者凡退に抑える好スタートを切りますが、2回に四球と連打で1点を失い、先制点を許してしまいます。その後は立ち直り、5回までわずか4安打1失点に抑え、味方の反撃を待ちます。

筒香嘉智・梶谷隆幸がアベックアーチ!今永昇太が5回2失点で6敗目【今日の試合結果】

8月31日、横浜DeNAベイスターズは対中日ドラゴンズ22回戦@ナゴヤドームを戦い、2‐4で敗戦しました。DeNAは筒香嘉智が22号ソロ、梶谷隆幸が18号ソロを放つなどアベックアーチを見せましたが、散発4安打に抑えられ悔しい敗戦を喫しました。
 

 

筒香嘉智・梶谷隆幸アベックアーチ!今永昇太5回2失点で試合作る!

 
 
DeNAの先発は2年目にして初の二桁勝利を挙げた今永昇太です。今永は初回に2安打を浴びて先制点を与えてしまいますが、そこから調子を取り戻し、4回までを4安打1失点と追加点を許しません。
 

飯塚悟史がプロ初勝利!ロペス4打点で強力援護!【8月30日の試合結果】

8月30日、横浜DeNAベイスターズは中日ドラゴンズ21回戦@ナゴヤドームを戦い、6-3で勝利しました。DeNAの先発・飯塚悟史がプロ入り初勝利、4番・ロペスが2安打4打点の活躍で飯塚を強力援護しました。
 
 

甲子園の星からハマの星へ!日本文理出身・飯塚悟史がプロ初勝利!!

 
 
DeNAの先発は日本文理(新潟)からプロ入りして3年目の右腕・飯塚悟史でした。飯塚は初回を三者凡退という好スタート切ると、2回も簡単に2死を取ります。藤井淳志に安打を打たれたものの、次打者の打席で盗塁を試みた藤井を、捕手・嶺井博希が刺し、無失点で切り抜けます。