Crazy for BAYSTARS

横浜DeNA BAYSTARSを愛しています。いつの日か98年の再来を夢見て。

DeNA史上初のドラ3高校生・松尾大河

2016年10月20日、グランドプリンスホテル新高輪で行われたプロ野球ドラフト会議で、一つの歴史が生まれました。フリーアナウンサー・関野浩之さんの声がこう響き渡ります。
 
「第2巡選択希望選手 DeNA 松尾大河 内野手 秀岳館高校」
 
この年の甲子園で熊本・秀岳館高校をベスト4に導いた俊足巧打の遊撃手を、ドラフト3位で指名したのです。DeNAが高校生を上位指名したのはこれが初めてのことでした。
 
松尾がどんな選手なのかと共に、これがいったいどんなことを意味するのかご紹介したいと思います。

<スポンサードリンク>

 

 

中学時代はオール枚方で全国5冠!

 
大阪出身の松尾は小学校時代に野球を始め、中学時代には硬式のオール枚方に所属します。松尾はここで、九鬼隆平らとともに全国5冠(ジャイアンツカップ、ボーイズ春季大会、選手権大会、タイガースカップ、ボーイズ関西秋季大会)を達成します。
 
このオール枚方で指導を仰いだのが、後に秀岳館でも共に戦うこととなる鍛治舎巧監督(現・岐阜県立岐阜商監督)でした。鍛治舎監督が秀岳館の監督に就任するのと同時に、松尾、九鬼らは監督を慕って、ともに熊本の地へ向かいます。
 
 

秀岳館では春夏連続全国4強!世代No.1ショートとしてプロ入り!

 
中学時代、共に戦った仲間たちと秀岳館に入学した松尾は、1年春からショートのレギュラーを獲得します。1年夏は3回戦の東海大星翔で敗れるも、2試合で5打数4安打2打点と活躍し、九鬼とともに存在感を示しました。
 
2年夏も3回戦で敗退し、なかなか全国の舞台に届かずにいましたが、鍛治舎監督とともに秀岳館に来た選手たちの才能が開花し、2年秋に熊本県大会、九州大会で優勝し、秋の明治神宮野球大会に出場しました。ここでは藤嶋健人を擁する東邦(愛知)に敗れ、1回戦敗退を喫します。
 
しかし翌春のセンバツでは1番遊撃で出場し、19打数6安打の打率.316、1本塁打、打点3の活躍でチームを初の全国4強に導きます。春季熊本大会を制して迎えた3年夏も打率.412と打ちまくり、済々黌、熊本工、文徳、九州学院という強豪を次々と撃破し、圧倒的な強さで夏の甲子園出場を決めました。
 
甲子園でも松尾の勢いは止まらず、4試合で16打数7安打、2本塁打、4打点と長短打を連発し、全国の舞台で攻守に躍動しました。大会後にはU-18の日本代表に選出され、第11回U18アジア選手権に出場。5番三塁として5試合で14打数7安打と打ちまくり、首位打者を獲得する活躍を見せました。
 
 

DeNA史上初めて高校生を上位指名

 
甲子園とU-18で活躍を見せた松尾は、その年のドラフト会議でDeNAから3位指名を受け、プロ入りを果たします。この指名は全体で29番目の指名であり、直前にソフトバンクに指名された九鬼隆平に続いて高校生野手としては2番目、内野手としては一番最初の指名でした。
 
球団がDeNAになってからは、チームの立て直しが急務だったということもあり、上位指名は全て大学生・社会人の選手で埋め尽くされていました。しかし5回目のドラフト会議にして初めて高校生を、しかも野手を上位指名したのです。
 
松尾の後も、京山将弥(近江)、細川成也(明秀学園日立)と続けて高校生を指名しています。これはDeNAが即戦力重視のドラフトから、徐々に育成にも力を入れて行こうと考えていることの現れだと思われます。2017年にも3位で素材型の高校生投手・阪口皓亮(北海)を指名したこともそれを裏付けています。
 

主に遊撃でイースタン・102試合に出場し規定打席到達!

 
1年目の2017年シーズンは、イースタン・リーグが主戦場となりました。主に遊撃手として102試合に出場し353打席に立ち、打率.185(298打数55安打)、2本塁打、25打点、OPS.524(長打率.252、出塁率.272)という成績でした。
 
数字だけを見ると少し物足りないようにも見えますが、1年目から規定打席に到達し、さらに夏場以降に成績を上げたことからも成長が見て取れます。DeNAの二軍でイースタン・リーグの規定打席に到達したのは松尾と細川、さらに2年目の網谷圭将と、将来の主軸候補の3人だけですから、いかに期待されているかがわかります(打率ランキングも21位細川、22位松尾、23位網谷と3人仲良く並んでいますね笑)。
 
シーズン終了後にはフェニックス・リーグ、秋季キャンプ、アジアウィンターベースボールリーグとハードな1年を過ごしました。
 
 

今季から登録名を大河に変更!スケールの大きな遊撃手へ!

 
上記したように、高い期待を背負っている松尾ですが、将来はDeNAを背負って立つ遊撃手へと成長してもらいたい選手です。昨年の嘉手納キャンプで守備練習の様子を観たときは、センスを感じるものの力強さに欠けるという印象でしたが、1年間試合に出続け成長を見せてくれました。
 
一軍には倉本寿彦、大和、柴田竜拓と遊撃手を争う選手たちがいますが、これから2年3年とじっくり力をつけて、万全の準備をして一軍の戦力となってもらいたいですね。
 
身長174㎝とプロ野球選手としては決して大柄ではありませんが、小さくまとまらずスケールの大きな選手になって、横浜スタジアムを駆け回る姿を観る日が来ることを楽しみしています。ちょうど本日発表されましたが、今季からは登録名を「大河」へと変更し、気持ち新たに活躍を目指す大河に期待です。
 

ベイスターズ史上初の大卒新人左腕二桁勝利!ハマのハマちゃん・濵口遥大

10勝を挙げ新人王級の活躍を見せた濵口遥大は同期のドラ1投手です。今季は開幕投手、エース級の活躍が期待されます!

 
 松尾と同期の佐野恵太を紹介しています。今季は一軍での活躍が期待される強打者を開幕前にチェック!
 

ブログランキングに参加しています。

ポチっとして頂けると励みになります!


横浜DeNAベイスターズランキング

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

 

<スポンサードリンク>